プライベートバンクの嘘

プライベートバンク

プライベートバンクに1億円預ければ、それで安心かというのは残念ながらハズレです。

プライベートバンクは、確かに素晴らしいシステムを持ち、一般には購入することが出来ない商品を買うチャンスが出来るため、大きく資産を増やすことが可能ですが、その一方で、プライベートバンクに任せっきりにしていたがために、あっという間に資産をなくしてしまったということも現実には起こっています。

では、なぜそんなことが起こるのでしょうか。

実は、プライベートバンクカーと呼ばれる担当者にもそれぞれノルマがあります。

したがって、必要以上に売買を繰り返したり、彼らにとって手数料の高い仕組債などを盛んに売買することによって、彼ら自身のノルマを達成しようとするから、必要以上にリスクが高まってしまうのです。

また、彼らにとっては1億円の資産を持つお客様は所詮は小口客でしかありません。

プライベートバンカーの思うがままに資産管理を任せていては、世界経済の荒波にあっという間に流されてしまう危険性があります。

では、プライベートバンクをうまく活用する方法はないのかということなのですが、

それはプライベートバンカーに売買の指示を与えることの出来るアドバイザーを別途契約する方法が最も優れた方法と言えます。

プライベートバンカーに自由に売買させるのではなく、アドバイザーの指示通りにしか売買できないように一種の制限を設けるわけです。

リスクを最小限に抑えながら、プライベートバンクでしか取り扱いがない、いわゆる大金持ち専用の投資商品に投資していく手法こそ、プライベートバンクが嫌がる投資手法なのです。







 1ページ目をチラッ!(クリックしたら1ページ目がご覧頂けます)